相手のルールで戦わなければいけない場面で自分のルールを持ち出すな




増田さんへ。私は久しぶりに激怒しました。 - iGirlの反応を見て、朝からバンバンジー吹いた。
まさか、そんなあさってな反応があるとはな!



「揚げ足取り」とか「結婚制度自体がおかしい」とか「相手の親も親だ」とか、
いやいやいや。
いやいやいやいや。


もともと足、上げきれてないんだから、揚げ足取れませんて。どうやったって。


そりゃ、「うちの娘みたいのでいいのかい? はっはっはー、どんどんもらってくれ」
みたいな親だったら、何も問題なかったのかもしれないけれど、
向こうが「お前みたいなやつにはやれん」っていう態度なら、どうにかして説得するしかない。
「よそはよそ、うちはうち」の世界なんだから。


自分の正しさなんか関係ない。
相手がどんだけ理不尽だろうと、それを非難してもビタ一文意味がない。
結婚のとき親に挨拶に行く慣習に納得できなかろうと、
「自分たちの結婚にとって、それが必要な流れである」という状況だったら、
自分の中の価値観なんて関係なくて、相手の土俵に乗るしかない。


だって、(今回の場合は)そうしなかったら結婚できないんだぜ?
「人を年収で判断するなんてどうなんだ」とか、
「そもそも結婚時に親に挨拶に行く必要なんてない」なんて言ってる場合じゃないだろ。


誰もが自分を祝福してくれるわけじゃないわけで。
年収とか、見てくれとか、振る舞いとかで、その人の何がわかるんだって思うけれど、
それはすげー思うんだけど、
相手がそういうのを望むんだったら、そのルールでやるしかなくて。


古くさい礼儀の世界かもしれないけど、自分が店を予約するとか、お金を支払うとか、
それが相手にとってポイントになるんだったら、そのルールに従ってどんどん得点稼ぐ。




自分は強い人じゃないとか、そうでないとか、
私の感じ方と、相手の感じ方は違うのだとか、
ダメな自分を愛してくれとか、
そういうことを言うな、っていうわけじゃない。
そういうことを言う場所じゃないし、場面じゃない。


自分を押し通すばかりが能じゃない。
もっと、したたかに生きれ。